com762bk (com762bk) wrote,

スーパーGTで活躍する「BRZ」を…

けですよ。ちょっと多めに入れたし。

入るだけでレベル95無いと駄目なんて、どこのネトゲの上位狩場かと。

つくづくトアさん達の無謀がわかるわ~。手前側のベースでひいひい狩るレベルで最奥部まで行ってれば毎回賭けみたいな狩りを繰り返すのも納得です。

それはともかく。calvin klein 時計

僕はついてる!即日合格いけんじゃん!

「ごとうちゃ~く!!」

誰にも理解できないであろう日本語で思わず到着を口にする。

まだ明かりがついているし人の気配もする。おっし!

[どうも、ライドウですが]

「あら?ライドウさん、確か調達の試験中のはずですが?」

[ええ、終わりましたので確認お願いします!]

「……はぁ!!??」

お姉さんの本日二度目の大声がギルドの響きましたよと。

[ですから素材四点の調達、相当以上の品で持参しました。確認を]

「は、はい!少々お待ちを!試験官!試験官~!」

なにやらばたばたとお姉さんが向こうの廊下を歩いていたおじさんを呼び止める。

おお、確かにあの人だ。満点だ、と搾り出すように口にしたのが記憶に新しい。

おっと、2人とも戻ってきた。受付で確認もしてくれるのかな。

また試験の部屋に行くのかとばかり思っていたよ。

「ライドウくん?君ね、課題の発表からまだいくらも経ってないよ?いい加減なことを」

[はい、確認してください]

ふたを取る。中には8つほど素材が入れてある。小さいのとダブってるのを見繕っていれてみたのだが。

「ん?んんん!?」

[どうでしょう。課題の物に相当するとは思うのですが]

「君、これをどこで!?」

[先日、荒野から戻ったときに同行していた冒険者の人から譲ってもらいました]

「これ全部かね!?一体誰から!?」

[トアさんっていう闇盗賊さんの一行から。先日戻ってきてあの人たちも素材は売ったと言ってましたが?]

キッとお姉さんを見る試験官。

お姉さんは台帳らしき分厚いファイルを軽快に読み進め、目的の場所をすぐに見つけた。

「確かに。大量の希少素材が本日朝交易所及び素材取引所に持ち込まれています。一部合成や付与を扱う場所にも流れています」

「その一部か!」パネライ gmt

おじさんは頭を抱えている。どうやらこの試験が楽に突破されたのが密かに悔しいご様子。

[はい]

「……ライドウ君といったね」

[はい]

「おめでとう、文句なしで合格だ」

[やった、嬉しいですね]

「……何だかそんなに嬉しそうに見えんね。商人試験を飛び込みで即日合格したのは君が初めてだよ。まったく。とんでもないことだ」

嬉しくないわけは無い。でも、思ったよりは簡単だったのと文字で書いたのでそう思われてしまったんだろう。

[ありがとうございます]

「ギルドカードは明日昼には発行できるようにしておこう。カードで出来ることや規約についてはその時にでも。明日は大丈夫かね?」

[問題ありません]

「わかった。では……君、手続きについては頼む」

引き続きお姉さんに作業を頼むとおじさん試験官はふらふら~っと夢遊病者のように奥に行ってしまった。

もしかして、結構なことをしたのか?でも早く欲しかったし問題無い。

冒険者ギルドカードの機能も気になるけどこっちも早く受け取りたいのさあ。

試験勉強でうんうん言うのは嫌なんだよねえ。向こうの世界の苦い思い出が蘇るから。

「驚きました!すごく優秀な方だったんですね!まさか合格されるなんて」

お姉さんからの視線がランクアップした!うむ、こうして人は出世の階段を上るのだね……。

[いいえ、運が良かっ
http://www.watchsreception.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments