com762bk (com762bk) wrote,

高野山など資産運用で18億円損失

た。

拳よりも間合いは広く、ナバールがいる場所は安全圏ではない。射程圏内である。

間合いの外に逃れたという意識の空白に巨体に似合わない十分に速度の乗った蹴り。回避は無理だ。

「油断はいかんな!」

「まったくだ!」腕時計 ブランド メンズ

放たれた蹴りに横から突っ込む影が一つ。

イオの思惑に気付いたベルダがフォローに動いた。真正面からでは防御は危険な一撃だが、蹴り足を横から攻撃してずらす位なら何とか叶う。ベルダの判断は正しかった。

思わぬ障害に蹴りの方向がずれ、当然体全体もバランスを崩してしまう。ナバールの目が攻め時に輝く。

「殺った!!」

イオの足と入れ替わりに彼に迫るナバール。光の粉を散らしながらの所作は全てが舞いの如く美しい。

彼女の狙いを正確に読み取ったイオは体を支える手を残したまま二つの腕で首を守る。

「邪魔はさせない!今なら反撃も出来ないでしょう!?」

響がその腕の一つに強引に切りつけて体ごと叩きつけて動かす。切り落とすまで至らなくとも首を守る腕を一つ減らす事は可能だった。

「響、ありがとう!!」

残る一つの腕を掻い潜って、ナバールの剣がイオの首を突く。

「ぬううう!ぐっ!!」

撥ねることは出来なかった。腕を掻い潜って突きを放つのが精一杯だった。

だが彼女の剣は首を確かに貫いた。剣までも包んでいた白い輝きは既にナバールの身を薄く守るのみ。

残る力で首を裂こうと横方向に力を入れる白い女剣士。

動かない。

首を貫いた剣が微塵も動かなかった。

「見事。まさかこれほどまでにやるとは。つくづく君たちを侮った非礼を詫びよう」

「……貴様、その身体は」

イオの薄紫の皮膚が、真っ黒に染まっていた。パネライ 価格

「この戦いで、まさか私の全力を見せる相手に会えるなど思いもしなかった」

黒の巨人の言葉にナバールは背筋を走る悪寒を感じる。両手で無理に力を加えて確かに喉元を貫いた剣を横に払う。剣が、折れた。

構わずに響とベルダに目配せしてイオから距離を取る。追撃は無い。

首に刃を残したまま、巨人は立ち上がる。

「……冗談でしょう?ここから第二段階だ、なんて言う?」

響の言葉が掠れている。今までで十分実力の及ばない相手が、更に強力になる。これだけ絶望を誘う状況も無い。

「馬鹿な、あの状態のナバールを全力を出さずに相手にするなんて」

ベルダの言葉も悔しげで、絶望を孕んだものだった。

「すまぬな」

静かに構えるイオ。

「ウーディ!!!!!!!」

イオの言葉をナバールの絶叫が打ち消して一帯に響き渡る。

はっと我に返ったウーディが用意していた術を素早く展開する。

「チヤ、高速移動します。フォローを!」

「は、はい!」

前に突き出して開いた手を手前に戻すと同時にぐっと握り込む。その目は響とベルダを捉えていた。ナバールの姿は見ていない。

「えっ」

「うあっ」

響、ベルダ両名が何かに引っ張られるようにウーディの元へ引き寄せられる。

彼は目を閉じる。決意の為に。

敵に予想外の事態は起きたが、彼女との念話で既に予測していた未来を受け入れる。

見開かれたウーディの瞳はただグリトニアの英雄が通った道を見据えていた。多少は兵が戻り塞いでいるとはいえ、一番防御の薄い場所に違いない。

杖を掲げる。

「ちょ、ウーディ?」

響の言葉を無視する。

それどころか術を発動させてチヤの支援をも加え、かつてないレベルの高速で戦場を突き進み離脱していく。

「え、ウ、ウーディさん!ナバールさんがまだ!」

「チヤ、絶対に支援を切らせてはいけません
http://www.watchsrural.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments